So-net無料ブログ作成
検索選択

はま寿司の接客態度って良くなることはないの!?

スポンサードリンク




先日のことですが、平日の午後3時頃、近所の「はま寿司」に行った時のことです。

私は「はま寿司」の手軽さが好きで月に2回位はフラッと食事に出かけます。
経験則ですが、確率的に50%くらいは些細な事件?が起こるのは承知の上で
はま寿司に行くのですが、先日は特に酷かったんです。。。

些細な事件の例としては、レーンに流れてくる寿司が転倒していたり、
カキフライ軍艦にタルタルソースが付いてなかったりなのことです。

このくらいなら笑って許せるレベルなのですが、先日は怒りを通り越して呆れ返ってしまいました。


それは時間帯的にも閑散としている時。
私以外のお客さんはたった1組しかいなかったのです。

当然、レーンにはポップ以外は何も流れていません。

いつも通りタッチパネルでお寿司を4皿ほど注文すると、
2~3分ほどで最初の2皿が注文品の台に乗って流れてきました。

まずはその一皿目、なんだかお皿が汚れています。
ちょっとヤダな~と思いながらお皿を擦ってみると、
わさびのような油のようなものが付着していました。
ギリギリお寿司の部分には接触していなかったので、
またか・・・と思いながら食べましたが、気分の良いものではないですね。

残りの2皿を待ちながら、タッチパネルでお寿司や味噌汁を追加の注文をしつつ
待つこと5分以上・・・
味噌汁はすぐに店員さんが持ってきたのですが、
お寿司が一向に来る気配がありません。


再度お店の状況を確認。
私の前にいたお客さんはすでに帰り、新しいお客さんが一人のみ。
対して目に見える店員さんは二人。恐らく厨房にもう一人いるはずです。

この時点で、客より店員が多い状態ということです。

あまりにも注文したお寿司が来ないので、タッチパネルで注文状況を確認したところ、
な、なんと全て「お届け済み」となっているのです。

ここも「仕方ないな、だってはま寿司だもの♪」と思って届いていないお届け済みのネタを再注文。

それでもお寿司は来てくれません。その間時間は更に5分。

ずっと待機状態を喰らっている私の前に注文商品の台に乗っていない状態で
私が注文したはずのお寿司の皿が連続して直接レーンを流れているではありませんか(*_*;

当然、私は注文しているのでそのお皿を取るに取れません。

images.jpg
↑この状態ならなんの文句もないんですが^_^;

入店して20分以上経って、私はお寿司2皿と味噌汁しか食べていないのです。

流石に笑い事ではなくなって来たので、店員さんを呼び
「なんか色々とおかしくないですか?」と聞いてみたところ
一から状況を伝える流れに・・・

タッチパネルのお届け済みの表示と手元にある食べた後のお寿司の皿2枚
計算がどう考えても合わないことを必死に伝えても何故か伝わりません。

その間、店員さんは忍びのようなポーズで待機。。。

気付けば、同じことを言い方を変えて3回も!!!
この時点で注文品が届いていないこととお皿が汚れていたことに対して謝罪はありません。

ちなみに私は営業職や接客業なので伝え方が下手なわけでもありません。

「確認してきます。」と厨房に下がること1分後・・・
再注文していたお寿司がやっと届きました。

それと同時にさっきの店員さんがやって来て忍びの待機ポーズです。

この状態だと店員さんと話さなきゃいけないので、
やっと届いたお寿司を食べることができません。

とにかく、もういいからお寿司を食べさせてと伝えると、
何故か「責任者を呼んできます。」と下がります。

更に追加で注文したお寿司が届いた頃、この時間帯の責任者と言う方が
同じ忍びポーズを取ります。

内容が全く伝わっていなかったのか、同じことをまた3度も説明する羽目に・・・

その間、またしてもやっと届いたお寿司が食べれません(ToT)

まぁ、この時点で時間を掛け過ぎたせいかお腹もいっぱいになり気分も悪かったので
帰ることにしました。

私としては、お皿が汚れていたことに対しての謝罪(土下座は求めません!)と
注文品が届かない原因が知りたかっただけなんですが・・・

会計時にもビックリ仰天!!

ここで何故か初めての謝罪が・・・(何に対してかは不明。。。)
そして10%オフのクーポンを差し出されたのですが、なんかクシャクシャなんです。

見覚えのある紙だったので、よ~く見てみると、
給料明細の封書の柄が端っこに・・・・

どうやら、はま寿司を経営している会社ゼンショーは、給料明細にファミリー優待として
クーポンを発行しているようです。

なので、提示されたクーポン券の裏にはこの時間帯の責任者である人の
社員番号と氏名がバッチリ印字されているではありませんか!!!

どういうことか聞いてみると、誰にあげてもいいものだからという返答。

この時点で、バカにされているような気分になって怒りを通り越して
呆れ返ってしまいました。

ハサミの天ぷらをTwitterに投稿したあとなのに、従業員の教育が全くなってませんね。

一応お客様センターに事の一連を伝えました。
計6回説明したお陰か話が磨かれて1会で伝わりましたが、
担当のお姉さんも呆れ返っていました。

ゼンショーグループの接客態度がよくなる日は今世紀中はないと確信しましたね。




スポンサードリンク


2014-12-26 | 共通テーマ:日記・雑感 | 編集
Copyright © T's-Style All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
ロスカット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。